ホームベーカリーで毎日焼きたてのパンを

大人気の“手作りパン”
それに欠かせない道具のひとつにホームベーカリーがあります。
米粉ブームと共に、ご飯からパンが作れる商品も大ヒットしましたね。
ホームベーカリーは需要と共に内容も変わり、約25年前から一般家庭で親しまれています。

最初に一般家庭向けの製品として売り出された時「第二の炊飯器」として流行し
約1年で、その販売台数は約32万台にもなりました。
その後、人気低迷とブーム再来を繰り返し、現在を迎えました。

そんなホームベーカリーを使って簡単にできる基本の食パンです

【材料】
強力粉  250g
砂糖   大匙2
塩    大匙1
バター  20g
イースト 小匙1
水    170cc

【作り方】
ドライイースト専用投入口がある場合は
そちらへイーストを投入

その他の材料全てをホームベーカリーに投入
食パンコースでスイッチON
焼き上がりまで待ちましょう。

※夏場は水を冷水へ変えてください

【食べ方】
焼き立ては是非そのままで。ふかふかの食感が味わえます。
冷めたらトーストでこんがり焼いてお召し上がりください。
すぐに食べない分はスライスして、一枚ずつラップをして冷蔵庫へ。

とても簡単ですがパン屋さん顔負けの食パンが自宅で味わえます。
朝から焼き立てのパン、とても贅沢な印象ですがホームベーカリーを使えば
ボタン一つで叶ってしまうのです。
パンだけではなく幅広い料理に役立つので、自信をもってお勧めします。

パンに合うディップ

食事パンやカンパーニュ、バゲットなどには、バターやチーズ、ジャムやディップがあると食が進みますよね。
今回はその中から一見、面倒そうに感じるディップについてご紹介します。

ディップ作りは意外とかんたん。数分の下ごしらえをしてあとはミキサーにお任せ。
パン以外にもクラッカーや野菜など多様に活用できるのでストックしておくと便利ですね。

用意する材料
きのこ(マッシュルーム、えりんぎ、しめじなど)
ブラックオリーブ
塩(またはクレイジーソルト)少々
オリーブオイル大さじ1
ニンニク 半片

①ニンニク半片を薄切り、きのこは石づきを切り落とし、小さくきざむ。
②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ香りがでてきたらきのこ類を入れる。しんなりするまで炒めたらミキサーに入れます。(オリーブオイルも一緒に入れてください)
③ブラックオリーブ、塩、オリーブオイルををミキサーに入れます。クリームチーズを加えてもまろやかになってよいでしょう。
③とろっとしてくるまでミキサーにかけます。

※ゆるさはお好みや用途に合わせて調節してください。
※保存の際はお好みでローレルを容器に入れておくと香りがつきます。

パンと一緒に食べるときは、パンは軽くトーストしておくと香ばしくなり、食感もよくなります。

野菜ピザ

ピザは野菜をメインの具材にしても美味しく作ることができます。どっさりと野菜をのせて、美しい彩とヘルシーな味をお楽しみください。

■材料

ピザ生地…1枚
トマト…2分の1個
ホウレンソウ…200グラム
ナス…3分の1個
ピーマン…2分の1個
コーン…適量
タマネギ…4分の1個
卵…1個
トマトソース…大さじ4
オリーブオイル…適量
塩、コショウ…少々
おろしチーズ…大さじ2

■作り方

①ホウレンソウは葉先だけを利用します。熱湯で茹でてから水気を絞り、オリーブオイルで炒め塩コショウで下味をつけてください。卵は茹でて輪切りにして、同じく塩コショウを軽くふって下味をつけます。

②トマトは輪切りにして塩水に浸け、ザルにあげて水気を切ります。ピーマンは種を取って薄切りにしてください。タマネギ、ナスも食べやすい大きさに切っておきます。

③ピザ生地にトマトソースを塗り、全ての具材をバランスよくのせてください。最後にコーン、おろしチーズをふってオーブンに入れます。

④200℃で20分程度、こんがり焼き色がつくまで焼きます。

■美味しく作るコツ

ピザをはじめとして、パン料理に余分な水分は禁物。使用する野菜はよく水気を切ってから使用します。肉類も欲しければハム、サラミなどをのせても良いでしょう。作り方次第では非常に美しい配色になるので、デコレーションには趣向を凝らしてみましょう。ピーマンは赤、黄、緑と数種類をトッピングするのもおすすめです。この他、アスパラガス、ブラックオリーブなども具材として最適です。

おすすめリンク
料理教室検索「ぱぱっと検索!クックタウン」
お菓子教室検索も可能!COOKTOWN